About Foundation
問い合わせ・連絡先
作者 Administrator   
2008/04/07 月曜日 00:30:03 JST

日本MEAW研究会事務局

 

日本MEAW研究会事務局
     このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい

612-8082 京都市伏見区両替町2-348-302
アカデミック・スクエア株式会社内
TEL
075-468-8772 FAX075-468-8773

最終更新日 ( 2014/12/10 水曜日 14:34:42 JST )
続きを読む...
 
About Dr.Young H.Kim
作者 Administrator   
2008/04/06 日曜日 16:38:07 JST
 
drkim.jpg
 
EDUCATION

 

1945-1949 D.D.S.; Seoul National University, College of Dentistry, Seoul, Korea.
1949-1950 Internship; Seoul National University , College of Dentistry, Seoul, Korea.
1950-1952 Civilian Dentist; U S Navy Dental Corps, The 1st Marine Division during Korean War.
1952-1953 Internship in Pedodontics; The Forsyth Dental lnfirrnary for Children, Boston, Mass.
1953-1955 Clinical Fellowship in Orthodontics; The Forsyth Dental Infirmary for Children, Boston, Mass.
1955-1957 Clinical Fellowship in Orthodontics; The Eastman Dental Center, Rochester,New York.
1956-1958 M.S. in Dental Science; University of Rochester, School of Medicine and Dentisn'y, Rochester, New York.
1958-1960 D.M.D.; Tufts University, Scboo] of Denta] Medicine, Boston, Mass.

 

* The personal information may be found in The Who's Who in the East

 


 

PROFESSIONAL CAREER

 

 

1960-1965 Instructor in Orthodontics (Full-time);
The Forsyth Dental Center and Harvard School of Dental Medicine, Boston, Mass.
1967-1968 Assistant Professor in Orthodontics (Full-time);
Boston University, School of Graduate Dentistry, Boston, Mass.

 

1968-1970 Associate Professor in Orthodontics (Full-time);
Boston University, School of Graduate Dentistry, Boston, Mass
1970- Full-time practice in Orthodontics in Weston, Mass.
1972-1982 Visiting Professor in Orthodontics;
Yonsei University, College of Dentistry, Seoul, Korea.
1974-1982 Research and Clinical Consultant;
V.A. Hospital, West Roxbury, Mass.
1960-1965 Instructor in Orthodontics (Full-time);
The Forsyth Dental Center and Harvard School of Dental Medicine, Boston, Mass.
1981-1992 Associate Professor in Orthodontics;
Tufts University, School of dental Medicine, Boston, Mass.
1982-1985 Program Chairman; The North Atlantic Component, The Edward H. Angle Society of Orthodontists.
1987-1989 Vice President; The North Aflantic Component, The Edward H. Angle Society of Orthodontists.
1988- Referee; Editorial Board, The American JournaL ofOrthodontics.
1989-1991 President; The North Aflantic Component, The Edward H. Angle Society of Orthodontists.
1991- President; The Multiloop Edgewise Arch-Wire Technic and Research Foundation.

 

 


 

DIPLOMATE The American Board of Orthodontics (1976)
PROFESSIONAL
MEMBERSHIP;
The American Dental Association.
The American Association of Orthodontists.
The Angle Society of Orthodontists.
The Korean Academy of Orthodontics (Honorary).
The Multiloop Edgewise Aich-Wire Technic and Research Foundation.
HONORARY
SOCIETY
Omicron-Kappa-Upsilon, Gamma Gamma Chapter.
 
BIBLIOGRAPHY

 

1. Kim,Y.H. Cephalometric Analysis of Facial and Pharyngeal Structures in Cleft and Non-Cleft Children. Am. 3. Orthodont 1957; 44: 391 - 392.

2. Kim,Y.H. Speech Disorder in Cleft Palate Patients. Tufts Dental Outlook 1960; 35: 3 - 5.

3. Kim,Y.H.,Shiere,F.R&Fogels,H.R. Preemptive Factors of Tooth Rotation and Axial Inclination. 3.D. Research 1961; 40: 548 - 557.

4. Kim,Y.H. Treatment of An Unusually Impacted Permanent Maxillary Central
Incisors. J.A.D.A. 1964; 69: 596 - 600,.

5. Kim,Y.H. Orthodontic - Surgical Correction of Mandibular Prognathism.
A motion picture (25 min.) 1965

6. Kim,Y.H. Overbite Depth Indicator: With Particular Reference to Anterior Open-bhe. Am. 3. Orthodont 1974; 65: 586 - 611.

7. Kim,Y.H.&
Vietas.J.J.
Anteroposterior Dysplasia Indicator.: An Adjunct to Cephalometric Differential Diagnosis. Am. 3. Orthodont 1978; 73:619-633.

8. Kim,Y.H. A Comparative Cephalometric Study on Class II, Division 1 Non-extraction and Extraction Cases. Angle Orthod 1979; 49: 77 - 84.

9. Kim,Y.H. An Orthodontic Evolution: Banding to Bonding. 3. Korean Academy ofOithod 1981; 11:35-36.

10. Kim,Y.H.&
Chang,Y.I
Differential Diagnosis and Treatment of Premolar Extraction Versus Maxillary Second Molar Extraction Cases. 3. Korean Dental Assoc 1984; 22:129 - 140.

11. Kim,Y.H. Anterior Openbite and Its Treatment with Multiloop Edgewise Arch-Wire. Angle Orthod 1987; 57: 290 - 321.

12. Kim,Y.H.&
Sato,S.et al
Application of Multiloop Edgewise Arch-Wire (MEAW) on the Occiusal Reconstmction of Malocclusion. 3. Japanese Ortho. Practice. 1989; 5: 57 - 73.

13. Kim,Y.H.,
Fukuhara,T&
Suzuki,S.:
Trends in Contemporary Orthodontics - Seeking New Paradigm: An Interview with President of Japan Orthodontic Society (Prof. Fukuhara) and Editor-in-Chief of 3. Japan Orthodontic Society. 3. Japanese Ortho. Practice. 1990; 6: 7 - 35

14. Kim,Y.H. Multiloop Edgewise Arch-Wire Technic. 135 pages in Japanese,
Published by Japan MEAW Kenkyukai, Printed by Tokyo Cilnical Publishing Co. July. 1990.

15. Kim,Y.H. Multiloop Edgewise Arch-Wire Technic. 140 pages in Korean,
Published by MEAW Foundation in Korea, 1991

16. Kim,Y.H. Overbite Depth lildicator, Anteroposterior Dysplasia Indicator,
Combination Factor, and Extraction Index. lilt. 3. MEAW 1994; 1:11 - 32

17. Kim,Y.H. Common Undesirable Side Effects of Straight Arch-Wire Technic:
Scrutinization and Treatment of Mishaps. lilt. J. MEAW 1994; 1:85 - 104

18. Kim,Y.H. Treatment of Malocciusions by Means of Multiloop Edgewise Arch- Wire (MEAW) Technic. J. Assoc. of Ortho. of R.O.C.1995: 62-72

19. Fushima,K et al,
Kim,Y.H.
Significance of the Cant of the Posterior Occlusal Plane in Class II, Division 1 Malocciusions. Europ. 3. of Orthod 1996; 18:27-40

20. Kim,Y.H. Nature of Overbite and Its Treatment. lilt J. MEAW 1996; 3:67 - 86.

 

最終更新日 ( 2014/12/10 水曜日 14:52:23 JST )
続きを読む...
 
活動報告
作者 Administrator   
2008/04/06 日曜日 16:35:06 JST

日本MEAW研究会の歩み 


1991年 第1回日本MEAW研究会大会 設立総会
於 京都グランドホテル
参加者:71名
1992年 第2回日本MEAW研究会大会 横浜大会
於 パシフィコ横浜
参加者:146名
1993年 第3回日本MEAW研究会大会 大阪大会
於 千里ライフサイエンスセンター
参加者:168名
1994年 第4回日本MEAW研究会大会 名古屋大会
於 愛知産業貿易館
参加者:158名
1995年 第5回日本MEAW研究会大会 山形大会
於 山形国際交流プラザ
参加者:148名
1996年 第6回日本MEAW研究会大会 東京大会
於 笹川記念館
参加者:142名
1997年 第7回日本MEAW研究会大会 熊本大会
於 阿蘇プリンスホテル
参加者:108名
1998年 第8回日本MEAW研究会大会
於 横須賀ベイサイドポケット小劇場
参加者:116人
1999年 第9回日本MEAW研究会大会
於 札幌プリンスホテル
参加者:78名
2000年 第10回日本MEAW研究会大会
於 大阪千里ライフ・サイエンス・センター
参加者:128名、海外より33名
2001年 第11回日本MEAW研究会大会
於 大宮ソニックシティホール・国際会議場
参加者:150名
2002年 第12回日本MEAW研究会大会
於 軽井沢プリンスホテル
 
日本Multiloop Edgewise Archwire(MEAW)研究会会則
作者 Administrator   
2008/04/06 日曜日 16:33:30 JST

日本Multiloop Edgewise Archwire(MEAW)研究会会則 

 


 

日本Multiloop Edgewise Archwire(MEAW)研究会会則

[名称]
本 会の名称を「日本Multiloop Edgewise Archwire(MEAW)研究会」とする。なお、略称を「日本MEAW研究会」とする。本会の英文名は「THE MEAW TECHNIC AND RESEACH FOUNDATION IN JAPAN」とする。

[会員]
l.入会資格
本会員は、本会の目的に賛同し、所定の手続きを経たうえ理事会において入会を承認された者とする。
2.会員の義務、権利
会員は、別に定める入会金および年会費を前納しなければならない。また、会の活動に積極的に参加しなければならない。会員は、総会に出席して意見を述べることができる。
3.賛助会員
賛助会員は、本会の目的の達成に助力しようとする個人または団体で、理事会において承認された者とする。
4.退会
会員は、次の各号の一つに該当する場合には本会を退会する。
(1) 会の名誉を著しく傷つけた時
(2) 2年以上にわたって年会費を滞納し、度々の督促にも拘わらず支払わない時
(3) 本人が退会を希望した時。

[顧問]
会の運営に対する相談役として顧問を設ける。顧問は、理事会において推挙し、会長が就任を依頼する。

[理事会]
1.本会を運営するために次の理事を定め理事会を構成する。
会長(1名):会を代表し、会を総括する。
副会長(1名):会長を補佐し、会長に事故がある場合には、会長の職を代行する。
事務局長(1名):本会の事務一般を行う。
理事(若干名):上記三役と共に会の運営について審議し、決定する。
なお、三役以外の理事の職務は、次のとおりとする。Kimファンド(1名)、編集(1名)、会計(1名) 、学術(1名)、広報(1名)、渉外(1名)、記録(1名)。
事務局は原則として事務局長の居住地に設置する。また、事務局長は補佐をおくことができる。
2.理事会は理事の過半数(委任状を含む)の出席をもって成立し、審議事項は出席理事の過半数の賛成をもって決定する。
3.理事会は会長が招集し、議長は理事の中よりその都度選出する。
4.理事の任期を2年とし、重任を妨げない。

[監事]
1.監事は2名とし、理事会に随時出席して意見を述べることができる。

[会則の変更]
本会則を変更する場合には総会において過半数の承認を得ることを必要とする。

[付則]
1.当分の間、本会の入会金および年会費を次の通りとする。
入会金:10,000円
年会費:10,000円
賛助会員 入会金:10,000円
年会費:20,000円

2.本会の会計年度は、毎年1月1日に始まり、12月31日に終わる。本会は、その他運営に必要な事項を内規として別に定める。

(施行期日)
1.本会則は平成3年10月24日をもって発効する。
2.本会則は平成14年9月29日に改正し、同日から施行する。
最終更新日 ( 2008/04/06 日曜日 16:34:04 JST )
 
Copyright 2017 日本MEAW研究会.